『このまま』

愛しているよと

繰り返す声が

次第に小さくなって

あなたは眠りについた

しわしわのシーツに

月明かりが落ちる

私は隣で寝息を聴きながら

その呼吸の度に

心が満たされていく

日に焼けたあなたの胸に

そっと手を当てて

上下するリズムを感じる

どうかこの人を守れますように

私は目を閉じて 眠りについた

広告を非表示にする