髑髏城の七人鳥天魔王は信長を崇拝するあ

髑髏城の七人鳥天魔王は信長を崇拝するあまり自分が天になるのを夢見る。死んで蘇れ我の代わりになれと殿に言ってほしかった。どれだけ殿を崇拝し、殿に尽くしてきたか。でも殿が気にかけるのは蘭丸のみ。天魔王は嫉妬や絶望、哀しみの塊となり、己の欲望を貫く生き方を選ぶ。