チン!

こんばんはこの時期毎日ビールを飲みたいけど週2回に我慢しているアオキです

自宅の水槽はデルフィスの匠という6045のオーバーフロー水槽です

隣に同じくデルフィスから発売されている匠シリーズのクーラーキャビネットを置いています

この中にはクーラーを入れることができて、前面と裏面に排気口があるためクーラーの排気熱の心配もありません。

そしてこのクーラーキャビネットは匠のキャビネットと同じ素材で、高級家具にも使用されている北米産のパイン材が使われています。

そんなに丈夫なクーラーキャビネットの上に何も置かないのは勿体ない!

ということで、ぴったりに合わせた水槽を作りました

隣の6045のろ過槽を共用しています

今回はオーバーフロー水槽ではありますが、クーラーキャビネット内のスペースがあまりなかった為、コーナー加工の背面フローにしました。

なるべく水槽内を広く使いたかったためコーナー加工はかなり小さく作りました

地震の時に備えてと、魚の飛び出し防止のためにフランジを取り付けました。

この水槽では隣の6045では混泳できなかった魚を飼育しています。

チビハゼくん

タイニーダートゴビー

目が青く、形はハタタテハゼのような形です

可愛い

レッドバンデッドゴビー

レッドスポットゴビー

最大2〜3cmの小型ハゼです

そして、最近ようやく家に入ってくれるようになった

バーナクルブレニー

バーナクルとは英語でフジツボという意味で、自然界ではフジツボを住みかにしているようです

確かに一度入ったら絶対離れません

このバーナクルブレニーは目がカメレオンのように目がぐるぐる動きます

この目ならフジツボに入っていても周りの様子が見えますね

バーナクルブレニーは餌を食べる時にも特徴があります

凄い速く食べに行きます

複数飼育も可能な魚なのでもう少し増やしたいところです。

そして一応主役のお魚はこいつ

チンアナゴ

ニシキアナゴです

一応というのは、なかなか水族館のように長〜く出てきてくれません。

まだ慣れていないのか、砂が足らないのか、はたまた自分が嫌われているのか分かりませんがあまり出てきません

昨日はちょっと可愛い写真が撮れました

ダブルチンでございます

今日はレッドシーから新発売のサンゴフードをご紹介します

LPSとイソギンチャクはペレット状になっています。

当店のちょっと元気がないスコリミアに与えてみました

この4枚の写真は15分ぐらいの間です

美味しそうに勢い良く食べています

他のLPSにも与えてみました

ナガレハナも触手が動き口まで運んでいました

オタバもかなりの勢いで食べています

サンゴを長期飼育したい方にこのサンゴフードをお勧めします

お次は自宅で愛用しているこの商品のご紹介

デフロスター

この商品は冷凍餌を水面の流れを利用してゆっくりと溶解する商品です

溶解した餌は中央のプレートの調整で落下量も調整可能です

餌の散らばりが減り、水の汚れも少なくなります

取り付けは水槽の壁面にマグネットで取り付けるので簡単ですよ

自宅の水槽でも使っているので動画をご覧下さい。

当店では冷凍のブラインシュリンプをどの魚にも与えています

特に痩せやすいチョウチョウウオには最適です

痩せやすい魚には当店オリジナルの冷凍餌もお勧め!!

この餌を与え始めてから魚が死ななくなったと、嬉しいお言葉を頂いております

もともとこの餌は販売目的で作った餌ではなく、店内用の餌として開発しました。

海外から来る魚は痩せていることが多く、

これにも理由があって、

自然界の海では沢山の栄養豊富な食べ物があるため、魚たちは常にお腹がいっぱいです。

このままの状態で輸送すると袋の中で大量の糞をしてしまい、水質悪化で魚は状態を悪くするか、最悪死に至ります

そのため、お腹の中を空にしてから輸送をするため到着した魚は痩せていることが多いのです。

痩せているまま、お客様にお渡しすることが出来ないため、早くに太らせたいのですが、人工餌料で早くに太らせようとすると消化不良になってしまう可能性があります。

そこで当店が開発したオリジナル冷凍餌は

早くに太らせ、尚且つ消化不良にならない餌にしました。

中身は企業秘密ですが、消化を助ける生の菌を入れています。

冷凍餌からスムーズに市販の餌に移行できるように、皆さんがよく使われている海水魚の有名メーカーの餌もいくつか配合しています。

嗜好性と、食べた時の食感が抜群です!

痩せやすいナンヨウハギも取り合いでみんなむっちりとした体型に仕上がります

魚種関係なく取り合いです

お団子の様な感じで柔らかいため、

餌の大きさは好みで変えられます

大きくても柔らかいため、魚は勢いよく食べ、喉に詰まらせることなくすぐにお腹が膨らみます

それでも消化を助ける生の菌のお陰で、消化不良にはなりません

この体型を維持していれば病気になっても治す体力があります

病気といえば

ハコフグも病気になりやすい魚と言われていますよね!?

しかし当店では病気になるハコフグはほとんどいません

なぜなら、やはり体力があるからだと思います

ハコフグは皮膚が固いため痩せても分かりにくく、気づいた頃には手遅れということもあります

そうならないように

当店では入荷してから10日間は

このようにカゴで隔離して、この中で冷凍餌を与えて食べていることをしっかりと確認しています

10日後はカゴから出して、他の魚と混泳するなかでもしっかりと食べていけるかを観察しています

ハコフグは当店のオリジナル冷凍餌が大好きなため

取り合い

さらにもう一匹

さらにさらにと、とにかく凄いのです!

カクレクマノミも手から餌を食べてくれますよ!

それでは今日はこの辺りで

駐車場のご案内です

アクアステージとラーメンめんぱちさんの間の坂道を下って行くと左側に駐車場が出てきます。その手前2箇所が当店駐車場になります。

駐車場内でのトラブルは一切責任を負いかねます。

当店ホームページはこちらから

熱帯魚、爬虫類ブログはこちら

広告を非表示にする